事務所利用可能。東武東上線「上福岡」駅徒歩9分1Kアパート。

募集中


ホワイトハウス

賃貸アパート明るい居室の1Kアパート。上福岡駅徒歩9分。中央公園近い。
物件情報
賃料40,000 敷金1ヶ月 保証金-
管理費- 礼金1ヶ月 償却/敷引- / -
住所・最寄り駅 ふじみ野市上福岡2丁目7-8 地図
東武東上線上福岡駅 徒歩9
間取り 1K/洋室1 キッチン 築年月 1987年12月
専有面積 19.95 階数・方位 2/2階・南設備

ホワイトハウスの建物・部屋PR

東武東上線「上福岡」駅徒歩9分1Kアパート。
ふじみ野市上福岡2丁目。
中央公園近く、住環境良好。
明るい居室。
事務所利用可能。

東武東上線「上福岡」駅徒歩9分1Kアパート。
ふじみ野市上福岡2丁目。
中央公園近く、住環境良好。
明るい居室。
事務所利用可能。

ホワイトハウス部屋の設備

  • エレベータ
  • 宅配ボックス
  • オートロック
  • TVインターフォン
  • インターネット
  • BS
  • CS
  • CATV
  • 駅近
  • コンビニ近
  • 2階以上
  • 駐車場有
  • 分譲タイプ賃貸

  • エアコン
  • ロフト
  • バルコニー
  • 専用庭
  • 室内洗濯機置場
  • シューズボックス
  • バストイレ別
  • 追い焚き風呂
  • 浴室乾燥機
  • シャワートイレ
  • 独立洗面
  • シャンプードレッサー
  • システムキッチン
  • ガスコンロ対応
  • 照明
  • 南向き
  • フローリング
  • クローゼット
  • 最上階
  • ペット相談
  • 楽器相談
  • 角部屋

ホワイトハウスの物件概要

住所 ふじみ野市上福岡2丁目7-8 地図
交通機関 東武東上線上福岡駅 徒歩9分
間取り/間取り詳細 1K/洋室1 キッチン 向き
専有面積 19.95 物件構造 鉄筋コンクリート(RC)
所在階/総階数 2/2階 築年月 1987年12月
設備 エアコン/角部屋
入居可能予定日 即入 取引形態 専任
更新料 1ヶ月 料金・その他
契約年 2 部屋コード 201
備考・特記事項

*2014/09/13

41,667 賃料、共益費、管理費、礼金、更新料を含み、4年間お住まいいただいた場合の1ヶ月当たりの金額です。 詳細はこちら

株式会社スリーウィン  上福岡一丁目本店

営業時間:10:00〜18:00

定休日:火曜日

TEL:
049-290-3158

FAX:049-270-0887

店舗写真
 
お問い合わせ 店舗案内

簡単お問い合わせ

お問い合わせ内容(必須)

物件の空室状況・詳細が知りたい
物件を実際に見たい
お店に行きたい その他

お名前(必須)


メールアドレス(メール or 電話必須)


電話番号


個人情報保護方針
SSL対応・詳細なお問い合わせはこちら

ホワイトハウスの物件地図


緯度経度情報等の誤差により、実際の場所と異なる場合があります。


物件担当スタッフからのコメント

小林 由紀夫

角部屋なので明るい居室です。
公園、図書館、市役所などが近く、住環境良好です。

小林 由紀夫のプロフィールへ

ホワイトハウス周辺の募集中のお部屋


ホワイトハウス周辺のおすすめ建物


MAP検索
お部屋の資料を一括請求! 候補リスト

お気に入りの物件や気になる物件が
あれば、「l候補リストに追加」のボタンをクリックして下さい!
候補リストでは物件を比較してご覧頂け一括でお問い合わせ・資料請求ができます。

物件フリーワード検索


     複数キーワード可

物件リクエスト

条件が近い物件

ハイツVIVI

1K

35,000円

アパート


上福岡駅  徒歩8分

マリーナハウス

1R

40,000円

アパート


上福岡駅  徒歩10分

よつば荘

2K

45,000円

アパート


上福岡駅  徒歩7分

上福岡駅小
ふじみ野市は2005年10月に上福岡市と入間郡大井町が合併したことにより誕生しました。人口はおよそ11万人(平成25年7月時点)です。
ふじみ野市の面積は14.67㎢(旧上福岡市6.81㎢/旧大井町7.86㎢)です。 ふじみ野市は、都心から30キロ圏内に位置し、東は富士見市、西は川越市、南は三芳町、北は川越市に隣接しています。武蔵野台地の北部のほぼ平坦な地に位置し、地質は関東ローム層です。北部市境に沿って、江戸時代から昭和初期にかけて江戸とを結んで栄えた新河岸川舟運の水路・新河岸川が南北に流れています。
かつて農村地帯だった「ふじみ野市」は、東洋一といわれた霞ヶ丘団地と上野台団地の建設や誘致による企業の進出を契機に、 昭和30年代半ばから宅地化がすすみ、人口が急増しました。昭和50年代から、計画的な都市基盤整備を進めるために土地区画整理事業が鶴ケ岡、亀久保、大井・苗間第一、東久保、駒林の各地区でそれぞれ進められました。平成5年には急行停車駅であるふじみ野駅の開業により、良好な住宅整備が進行し人口も増加しています。また、上福岡駅西口では市街地再開発事業により商業施設や高層住宅が整備され、市の玄関口としてふさわしい街並みが形成されています。平成20年6月にはこれまでの地下鉄有楽町線に加え、地下鉄副都心線と東武東上線の相互乗り入れが実現したことにより、都心への交通の便が一層よくなりました。